ホーム > 取扱分野 > 負債整理

取扱分野:負債整理

借金は、もちろん返せるなら返さなければならないものです。しかし、とても返せない程度にまで膨らんだ借金をそのまま放置しておくことは、誰にとっても望ましくありません。このことは、個人であっても会社であっても同じです。

また、法律的にみて、本当は返す必要のないお金を返してしまっているケースもあり得ます。
このような場合、法律に従い、借金を適切に整理したり、会社を清算したりする必要があります。ここでは、そのような手続の内容を簡単にご紹介します。

借金整理(自己破産・個人再生・任意整理)

整理できない借金はありませんので、借金の返済が困難であれば、心配しないで相談を早急にされることをお勧めします。弁護士が借金を整理する場合は、まず債権者に弁護士が借金整理の手続を代理人として受任したことを通知します。この通知によって債権者からの催促を止めることができます。その後は今までの生活を見直し、生活を立て直しながら借金の整理をしていくことになります。

よくある相談内容のQ&Aはこちら >

過払金回収

一部金融業者には、違法な金利を取って利ざやで儲けている業者があります。そこから、払い過ぎの状況、つまり、過払金が発生します。
消費者金融や信販会社と長年取引がある方は、もしかしたら過払金があるかもしれません。心当たりのある方は、弁護士へ依頼し、調査されることをおすすめします。

よくある相談内容のQ&Aはこちら >

会社の倒産

会社の倒産と言いますと、例えば振り出した約束手形が不渡りになり、銀行から取引停止処分を受けたり、または帳簿上債務超過となり、このままでは事業の継続が困難な場合というイメージをもたれると思います。このような場合、法律上は大きく分けて経営危機状態に陥った会社を1.清算する、又は2.再建するという方法がとられます。1.の代表が破産手続きであり、2.の方法としては民事再生手続、会社更生手続があります。

よくある相談内容のQ&Aはこちら >



静岡市葵区両替町1-4-5 河村第一ビル3F [ 地図 ]
TEL. 054-255-5785
© 静岡合同法律事務所