お悩み解決事例: 経営していたお店がうまくいかなくなった時期に借りたお金300万円の返済を過去に滞らせたため裁判を提起されてしまった

RESERVA予約システムから予約する

概要

ご依頼者30代 女性
総債務額300万円
債権者数3社
担当梅田英樹 弁護士
特徴個人事業として経営していたお店がうまくいかなくなった時期に、お店の運転資金や生活費としてお金を借りた。今は一定の利益が出ているので新たな借入れもしていないが、過去に滞らせた返済があり、とうとう1社から裁判を提起されてしまった。

解決までの流れ

1. ご依頼

当初、方法を限定せず債務整理のご依頼を頂きました。借金の総額が一定程度あることから、破産や民事再生も頭をよぎりました(逆に言えば、任意整理で解決するのは難しいと思いました)。もっとも、今はお店の経営を改善してだんだん利益が上がってきていて、月4万円弱なら返済できそうとのことでした。破産したくないというご依頼者からの強い要望もあり、まずは、裁判所を介さずに個々の債権者と交渉して支払額を決める、任意整理手続から始めることにしました。

2. 費用のご用意

法テラスの相談をきっかけに受任したので、法テラスを利用しました。

法テラスとは、法テラスから弁護士費用を立て替えてもらい、ご依頼者様は法テラスに立て替えてもらった弁護士費用を分割で支払っていく制度です(ただし、これを利用するにはいくつかの条件を満たす必要があります)。

費用の立て替え・法テラスについての詳細はこちら

3. 返済プランの決定

ご依頼後、速やかに各債権者に受任通知を発送しました。これにより、各債権者からの請求が全て停止し、各債権者から取引明細を開示してもらいます。

また、提起された裁判にも対応し、和解で解決する段取りを裁判所と相手方と決めました。

取引明細が届くまでには1〜2か月程度かかります。その間に、およその返済プランを立てます。現在の収入がどれくらいか、そのうち生活に必要なお金がどれくらいかを、給与明細や預金通帳、その他請求書等を確認して検討しました。そして、無理なく確実に返済に回せる金額を算出しました。

4. 各債権者との交渉

開示された取引明細と上述の返済プランをつき合わせて、現実的に支払が可能かを検討しました。

当初のお話どおり、確かに月4万円なら返済できそうでしたが、それ以上は難しい状況でした。任意整理の分割回数は、60回までとされることが多いですのですが、このご依頼者様の場合、60回の分割では240万円にしかならず、完済できません。とはいえ、毎月4万円以上は返せないので、もう分割回数を増やすしか方法はありません。粘り強く交渉し、将来の遅延損害金をカットしてもらって、いずれの債権者にも70回以上の分割払いを認めてもらいました。

その後、裁判を起こしてきた1社との間では、裁判手続の中で和解を行い、残る2社との間では和解契約書を交わして、任意整理手続を終了しました。

5. 結果

今後は遅延損害金が発生しないため、少しずつでも確実に完済に近づいていくことができます。任意整理により遅延損害金が膨らむのを止めるだけでも、長い目で見れば大きな効果があります。

また、分割回数をどれだけ増やしてもらえるかは相手次第ですが、今回のように融通してくれるところもあります(今回は、過去にある程度まじめに返してきたことと、回数を増やさなければ金額的にも破産するしかないケースで、相手方も譲歩せざるを得なかったのかなと感じています)。



静岡合同法律事務所へのご相談・お問い合わせはこちら/初回相談は無料です。



静岡市葵区両替町1-4-5 河村第一ビル3F [ 地図 ]
TEL. 054-255-5785
© 静岡合同法律事務所