お悩み解決事例:夫が倒れてしまい住宅ローン以外の返済が困難になった

RESERVA予約システムから予約する

概要

ご依頼者50代 女性
総債務額150万円超
債権者数4社
担当梅田英樹 弁護士
特徴夫が倒れ、住宅ローン以外の返済が困難になった女性の破産

解決までの流れ

1. ご依頼

依頼者自身には一定の収入があったのですが、住宅ローンを抱えた夫が病気を患って働けなくなってしまいました。夫の年金収入を住宅ローンにあて、依頼者の収入を生活費に回すと、その他の負債への支払ができないという御相談でした。

2. 費用のご用意

この方は収入が相当額あったので、法テラスを利用できませんでした。弁護士費用は半年くらいの分割で支払っていただきました。

3. 破産申立の準備

一定の収入があり、依頼者自身の負債額も比較的低額だったので、まずは任意整理を検討しました。しかし、夫の年金は住宅ローンの返済ですべて消え、依頼者の収入も多くはなく、さらに依頼者の年齢を考えると…任意整理は現実にはかなり難しい事案でした。破産手続を選択しました。

4. 結果

結果としては、比較的速やかに破産免責が認められました。残った負債は夫の住宅ローンのみであり、こちらは夫の年金でも返済できるということで、生活の立て直しが可能になりました。



静岡合同法律事務所へのご相談・お問い合わせはこちら/初回相談は無料です。



静岡市葵区両替町1-4-5 河村第一ビル3F [ 地図 ]
TEL. 054-255-5785
© 静岡合同法律事務所