お悩み解決事例:夫と不貞関係にあった女性に対して慰謝料を請求した

RESERVA予約システムから予約する

概要

ご依頼者静岡県中部地域にお住いの30代の女性(妻)
担当家本誠 弁護士
特徴夫と不貞関係にあった女性に対して、損害賠償請求権(慰謝料請求)を求めたケースになります。

解決までの流れ

1. 事案の概要

偶々夫の携帯を見たことにより妻が、夫の不貞行為を知ることになりました。その妻が、不貞行為の相手方である女性(以下A子と省略します)に対して、慰謝料請求を求めたケースになります。

2. ご依頼

依頼された方は、当初夫と離婚をして、夫及びA子を相手に裁判をすることまで考えましたが、これからの生活を考え、当面は今後の夫の様子を見て、離婚をするか否か決めていくことになりました。しかしA子に対しては、しっかりと法的な責任を追及したいということで、慰謝料請求を求めていきました。夫とA子との不貞関係は、5年以上の長期に及んでいたことや、夫の不貞発覚前、夫からは離婚の申し出を受けるということがあったこと(夫が不貞をしているとは知らない依頼者は、夫から離婚の話を切り出されたのは、自分に何か原因があるのかとご本人も相当悩まれたとのことです)、夫から離婚の話を切り出されて、家庭がぎくしゃくしたことを当時、不貞相手のA子自身も知っていたこと、それにもかかわらず依然として、不貞行為を継続していたことなどの事情から、当初300万円の慰謝料の請求をすることで事件の依頼を受け、A子に内容証明による請求をしました。

3. A子が弁護士に依頼後

A子は、内容証明により損害賠償請求を受けたことにより、同女も弁護士にその対応を依頼しました。A子の弁護士からは、不貞行為は認めるものの、依頼者と夫とが離婚に至っていないことなどを理由に、極めて低額な賠償金額の提示をしてきました。

しかし不貞行為が長期間に及ぶこと、そしてそれを裏付ける証拠があること、また前述したような低額な賠償額しか支払わないのであれば、裁判を提起して、事実関係を明らかにする旨の強い申し入れを行いました。

4. 結果(判決)

A子が賠償額として、依頼者に対して200万円を支払うこと、また示談後、謝罪文の提出を行うことで、解決に至りました。

5. 担当弁護士からのコメント

夫婦が離婚に至っていない状況を考えると、200万円という賠償額は、比較的高い金額で解決をすることができたと思います。通常、100万円程度の金額で示談をすることが、このようなケースでは多いと思います。

このような形で解決ができたのは、裁判を辞さないという強い態度でA子側に申し入れをしたこと、またA子としても、現在の職場などに今回の不貞行為が知られてしまうことを回避したかったため、早期に解決を図りたいという思いが強かったのではないかと思われること(こちらとしては、職場に今回の件を申し入れるなどということを伝えた事実は一切ありませんが)、裁判になって、具体的な不貞行為の内容が詳らかにされることをA子としても、避けたかったのではないか、などの事情があったと思われます。

今回のケースでは、不貞行為を裏付ける証拠をある程度事前に確保していたため、加害者であるA子に対して、強い態度で臨むことができた点が、解決に至った大きなポイントであったと思います。


詳しくは当事務所弁護士にご相談ください。




静岡市葵区両替町1-4-5 河村第一ビル3F [ 地図 ]
TEL. 054-255-5785
© 静岡合同法律事務所