お悩み解決事例:学資保険の保険料を払う形で養育費の支払方法を定めた

RESERVA予約システムから予約する

概要

ご依頼者40代の男性
担当梅田英樹 弁護士
特徴 学資保険の保険料を払う形で養育費の支払方法を定めた事件になります。

解決までの流れ

1. 事案の概要

離婚した妻から、財産分与と子の養育費を請求する調停を起こされた事件です。御依頼者自身は子と頻繁に会って連絡を取り合うような関係でした。ただ、御依頼者は、離婚原因が妻にあったこともあり、また妻に浪費されるのを防ぐため、養育費を妻に支払うのを回避したいという理由で、養育費を少ししか支払っていなかったのです。

2. 手続の流れ

妻は、財産分与として住宅購入時の頭金の返還を求めてきましたが、住宅ローンの残額等の資料を提出し、分与すべき財産がない事件であることを示して請求を退けました。

養育費については、妻からは算定表水準の現金を支払うよう請求されましたが、妻の離婚原因や過去に浪費した経緯を主張し、妻が手をつけられない学資保険の掛け金として支払う提案を行いました。このような提案をしたのは初めてでしたが、調停委員も前向きに捉えてくださり、取り入れてもらいました。とはいえ、現金として支払う必要性も完全には否定できないので、最終的には、養育費のうち半分を保険の掛け金として払い込み、残り半分のうち一部を子の習い事の月謝に充て、残りを子名義の通帳に振り込むことにしました。養育費の総額としても、算定表よりかなり低い水準で済みました(これは、御依頼者と子の関係が極めて良好で、子が例えば部活の遠征費といった突然の出費を訴えたときには、子自身との間で御依頼者がお金を授受できる環境が整っていたからと思われます)。全体として、かなり珍しい形で終結した事件といえます。



静岡合同法律事務所へのご相談・お問い合わせはこちら/初回相談は無料です。



静岡市葵区両替町1-4-5 河村第一ビル3F [ 地図 ]
TEL. 054-255-5785
© 静岡合同法律事務所