お悩み解決事例:父の遺産分割(子供たちと後妻)のケース

RESERVA予約システムから予約する

概要

ご依頼者60代 女性
特徴相続放棄を考えていた家屋があったが、現金化できて300万円取得できたケース

解決までの流れ

1. 相談前

亡くなったのは依頼主の兄。相続人は妹である依頼主一人、兄の財産は、兄が住んでいた土地と建物だけでした。しかし、その建物はゴミであふれ、とても立ち入れるような状況ではなかった。また、兄には借金があるおそれがあった。

2. 相談後

お兄さんが亡くなってすぐに相談に来られ、相続放棄の手続をお願いしたいということでしたが、家屋が良い立地にあることから、売却して手元に残るものがあるのであれば、売却したいということでした。相続放棄または土地建物の売却でご依頼いただきました。難しい手続きは全く分からないので、とにかく全部をやってほしいというご要望でした。着手金は15万円。

まず、お兄さんの借金を調べたところ、負債はありませんでした。相続放棄をする必要はなくなりました。そこで、土地、建物を相続した上で、売却して換金することにしました。

弊所では、連携している不動産業者・司法書士・税理士等がいますので、すべてをワンストップで行うことができます。

不動産業者には土地の買い手を探してもらったところ、すぐに見つかりました。古い建物は解体するしかないということでしたので、不動産業者の知り合いの業者に建物を解体してもらいました。

相続登記や売買による所有権移転登記は、司法書士に依頼しました。また不動産を売却すると譲渡所得税等がかかりますので、その手続は税理士にやってもらうことになりました。

このようにしてお兄さんの遺産を売却して、弁護士費用(依頼者が得た利益の10%)、解体費等の全ての費用を清算しても、依頼者の元に300万円以上のお金を残すことができました。

3. コメント

弁護士と言うと、訴訟しかしないというイメージがおありかもしれませんが、様々な解決手段をご提案できます。まずは、ご相談ください。



静岡合同法律事務所へのご相談・お問い合わせはこちら/初回相談は無料です。



〒420-0032 静岡市葵区両替町1-4-5 河村第一ビル3F [ 地図 ]
TEL. 054-255-5785
© 静岡合同法律事務所