お悩み解決事例:酒に酔って帰宅中に近隣住宅の敷地に入って風呂を覗いた

RESERVA予約システムから予約する

概要

依頼者20代男性
担当梅田英樹 弁護士
特徴民家敷地への侵入

解決までの流れ

1. 事案の概要

酒によって帰宅中、近隣住宅の敷地に入り、風呂を覗いたという事件です。もっとも、依頼者は泥酔しており、犯行状況をまったく記憶しておらず、自分がやったかやっていないか、どうやって帰宅したかすらわからないということでした。

2. 方針

当初は犯人ではない可能性もあると考え、否認事件として弁護にあたり、取調べに対するアドバイス等を行いました。その後、侵入した住宅の引き当たり捜査に同行した際、おぼろげながら記憶のある風景だったことから、おそらく自分だということで、侵入を認めました。そこで、被害住宅への示談の申入れをしました。

3. 事件の流れと結果

被害住宅の御家族との間で示談交渉を行いました。近隣住民であること、酒に酔ってのことだったことから、10万円の示談金で許していただきました。これにより裁判を回避でき、処分は罰金10万円となりました。


お問い合わせはこちら




静岡市葵区両替町1-4-5 河村第一ビル3F [ 地図 ]
TEL. 054-255-5785
© 静岡合同法律事務所