お悩み解決事例:知り合い150万円を貸したが5年間で12万円しか払ってくれず連絡もつかなくなってしまった

RESERVA予約システムから予約する

概要

ご依頼者60代男性
担当梅田英樹 弁護士

解決までの流れ

1. 事案の概要

ご依頼者Aさんは60代男性でした。5年前に仕事上の知り合いであったBさんに150万円を貸したが、この5年間で12万円しか払ってくれず、連絡もつかなくなってしまったので、借金を返してもらいたい、というご相談でした。

2. 方針

任意の支払は見込めないので、いきなり裁判をやることにしました。同時に、何か差し押さえられるものがあるかを調査して、場合によっては事前に仮差押手続をすることにしました。

3. 事件の流れと結果

相手方の住所地を探り、相手方の所有する不動産を見つけましたが、既に担保に入れられており、仮差押しても意味はなさそうでした。他方で、そのような一定の財産があるため、一定程度は回収できる感触も得られました。そこで、裁判を起こして相手方の様子をみることにしました。

結果、相手方が裁判に出席し、借金の事実をすべて認めました。ただし、一括での返済は難しいとのことだったので、毎月5万円ずつ分割で返済することで和解し、現在、5万円ずつ回収しているところです。

4. 弁護士のコメント

相手方に支払能力があるかは裁判をやってみないとわからないケースが多いです。このケースでは、相手方に一定の支払能力があったため、まだ全額ではありませんが順調に回収できており、結果的には裁判が功を奏した事案でした。


お問い合わせはこちら




静岡市葵区両替町1-4-5 河村第一ビル3F [ 地図 ]
TEL. 054-255-5785
© 静岡合同法律事務所