お悩み解決事例:とある法人とコンサルタント契約に対し同契約の解除を求めた

RESERVA予約システムから予約する

概要

ご依頼者40代 女性
担当梅田英樹 弁護士
特徴とある法人とコンサルタント契約を締結した女性の希望により、その法人に対し同契約の解除を求めた事件

解決までの流れ

1. 依頼

知人からの紹介で、当職のもとへ相談に来られました。ご依頼者は、ある事業の立ち上げを目論む法人との間で、その事業に関する調査や計画を立てることを依頼され、そのような仕事をしてきました。当初は順調だったのですが、やがてこの事業に関わる一部の人間の中でトラブルが生じ、行き詰まってしまいました。ご依頼者は、法人とのコンサル契約を解除してこの事業から身を引くことを、強く望んでおられました。

2. 手続の流れ

既に、関係者ら同士で話をしても、水かけ論にしかならないような事態に陥っている様子でした。そこで、当職が窓口となって各関係者らと面談・交渉し、コンサル契約を維持していても双方にメリットがないこと、むしろデメリットになり得ること、それにつきご依頼者に責任がないことを繰り返し丁寧に説明し、理解を得ました。交渉ですから、こちらが譲歩できる範囲内では、相手の要求にも誠実に応じました。

最終的には契約を打ち切ることを合意する書面を交わし、双方とも納得の上で関係を清算することができました。

3. コメント

一定期間、関係性を継続することを前提とした契約を結んだ後に、想定外の事情が生じて関係性が悪化するというのは、よくあることです。当事者間での話し合いが難しければ、弁護士が間に入って話をまとめることもできます。過去には、より詐欺的要素の強い事案で、同様に契約の解除を勝ち取ったケースもありました。



静岡合同法律事務所へのご相談・お問い合わせはこちら/初回相談は無料です。



静岡市葵区両替町1-4-5 河村第一ビル3F [ 地図 ]
TEL. 054-255-5785
© 静岡合同法律事務所